100キロ超でママになる~中期編④~

出産記

こんにちは、しろまる亭のまるです。
「100キロ超でママになる」は
りんちゃんの誕生までのお話です。

続・怒れるおじいさん

まる実家へ向けての一人旅
ほかの席が空いているにも関わらず
まるに譲れと暴言を吐くおじいさんの話の続き

「妊娠は病気じゃない!年上を敬って席を譲れ」

などと責められて
パニック発作を起こしそうになりながら
呼吸を整えたり荷物を死守するのに必死だったまる。

隣の席のご婦人や一緒に乗ってきた人たちが
おじいさんを止めてくれていましたが
なかなか口も手も止まらない、怒れるお爺さん。

すると…

「私は85歳になるけどまだまだ元気だから、
 お嬢さんの隣に立っているから大丈夫よ」

そう反対側の席にいたおばあちゃんが
怒れるおじいさんに席を譲ると申し出てそばにきました。

すると、怒れるおじいさんも
流石にまずいと思ったのかようわかりませんが、
「このデブに席を立てと言っている」
おばあさんには関係ない!などともごもご。

そんなこんなしている間に次の駅へ到着。
怒れるおじいさんとそのグループの目的地だったようで
一緒のおじいさんおばあさんが
「ごめんなさいね」っとぺこぺこしながら
おじいさんを連れて行ってくれようとしていました。
しかし怒れるおじいさんは腹の虫がおさまらないのか…
いつの間にか荷物から取れてしまった
マタニティマークをドアの外に
ほうり捨てながら電車から降りていきました(-_-;)

そして、まるも乗り換えの駅に到着
隣の席のご婦人と85歳のおばあちゃんも
目的の駅じゃないのに降りてくれて
まるの乗り換えの電車が来るまで一緒にいてくれました。
次の電車に乗るころには
嫌な気持ちよりも優しいほっこりした気持ちになり
軽いパニック発作も落ち着いていました。
本当に二人には感謝しかないです。

しかし、あの怒れるおじいさんはいったい何だったのでしょう?
そんなにまるの存在が気に食わなかったのかなと
まるがすぐに席を立てばあんなに怒らなかったのか(-_-;)
しかしほかの席も空いてる中
まるをしつこく怒鳴るなど品位が疑われますよね。

マタニティマークを付けていて
トラブルになると来たことがありましたが
これもそんなトラブルの一つだったのかもしれません。
マタニティマークがなかったとしても
信じられない体験でした。

怒れるおじいさんのお話は
これで終わります。

それではまた次回~

「100キロ超でママになる」は
毎週火・木に更新ですが
木曜は「100キロ超でママになる」は
次回は木曜日になります。

ランキングに参加しました〜
よければ応援のクリックお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント