100キロ超でママになる~出産編③~

出産記

こんにちは、しろまる亭のまるです。
「100キロ超でママになる」は
りんちゃんの誕生までのお話です。

捕獲!

病室で陣痛に耐えるのが
苦痛だったまる。

看護師さんに声をかけて
散歩へ出ることに。
看護師さんには
「売店に行きたいなら
  車いすで連れていくか
   代わりに買い物行きますよ!」
そういわれたのですが・・・
それでは、散歩の意味がないので
丁重にお断りをして(笑)
行ってきまーすと、元気を装って
病棟をよろよろと脱走しました(*^^)v
しかも階段で(笑)
病棟は4階だったので
普段なら全然問題ない移動
しかし、さすがにこの時は
まずかったのかもしれません(;´Д`)
3階で助産師さんや
まると同じで歩いていた
妊婦さんと立ち話ししたり
立ち止まっていた時間もあるのに
コンビニのある1階へ着くころには
ヘロヘロのふらふら(笑)
しかも、痛みの間隔が少し短くなったのか
休憩して落ち着いても
少しすると痛みの波が来る
そんな感じでした。

コンビニを目の前にして
痛みの強い波が襲ってきたので
壁にもたれかかって休憩していた時
何やら視線を感じ顔をあげると
そこには!
出血で入院した際に
お世話になった
ハイリスク外来の担当の先生が
(以下ハイリスク先生)
すごい顔で凝視していました(笑)
これはヤバい(-_-;)
見つかっていけない相手に
現場を目撃されてしまった
そう感じました。

気が付くと
ハイリスク先生に
近くの椅子に連行され

  • 痛みの間隔
  • 痛みの度合い
  • 散歩の時間

などと血圧を測定されながら
質問攻めにされ
そして、そのまま
車いすに乗せられ
捕獲され病棟へ連れ戻されました(笑)

どうやら
またまた歩きすぎていたようで
ハイリスク先生からきついお説教が(;´Д`)
早く生みたいからと言っても
動きすぎも良くないそうです(‘◇’)ゞ
しかも、ハイリスク先生
担当の看護師さんたちにも
注意をしたらしく
悪い事したな~っと反省しました。

反省しながらその後も
痛みがあっても
病棟内を徘徊しては
看護師さんに
「ほどほどにしてくださいと」
注意されていましたよ(笑)

そんな徘徊を続けていたまる。
看護師さんたちも自分自身も
出産までには時間かかると
そう思っていました(笑)
後から考えると
この散歩中から定期的に来ていた
痛みの波が強くなったので
この時前駆陣痛から
本陣痛に移行していたのかもしれません。

ちなみに前駆陣痛と陣痛の違いは
なかなか区別が難しいようです。
しかも、「陣痛」と
医師や助産師が判断した場合でも、
しばらくして陣痛が収まってしまう
場合がよくあるようで、
入院しても「前駆陣痛」とされて
一時退院になってしまうんだとか。
同室だった妊婦さんが
それで帰っていきましたよ(;’∀’)

そろそろ
陣痛本番がやってきます。
続きはまた次回。

出産数時間前の様子

  • 身長   160センチ
    体重   107.5キロ
    体調   突然の下痢・寝不足 
  •      陣痛間隔 10~5分
  • 赤ちゃん 子宮口3.5cm
  •      推定体重
  •      (3180g)



「100キロ超でママになる」は
毎週火・木に更新します。













ランキングに参加しました〜
よければ応援のクリックお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント