生理痛で病院へ行こうと決めた

日常

こんにちは、
しろまる亭のまるです。

産後3ヵ月ごろから
月経が再開してから
生理痛重いのは
出産まえとあまり変わらず
それどころか卒乳したら
出産前はほとんどなかった
PMSや排卵痛
頻繁に起こるようになり
体調不良の日が増え
体もメンタルも
心配になってきたので
病院へ行くことを決意し
予約することにしました。

しかし、通院していた産婦人科
コロナ対策などもあり
出産や産科へ検診の人
優先にしているという事と
先生の人数が減ったため
予約の空きがあまりなく
すぐに予約できませんでした。

ただ緊急性がある場合があるので
先生に電話相談することになり
病院からの連絡を待つことに。

待つこと数十分
折り返しの連絡は
お世話になっていた
医院長先生からやってきました(笑)
そして症状など伝え
相談したところ病院へ行くのは
約1ヵ月以上後になりました。


そんなに先になった理由は、
緊急性がなさそうな事と
毎日の基礎体温や体調の変化を
記録していなかったため。
そのため、とりあえずは
ホルモンバランスを整える
対処法を教えてもらい
実践しながら
基礎体温など記録をして
様子を見ることに。

ちなみに、その対処法とは
下の6点になります。

  • お腹や腰を温める
  • ゆっくり入浴
  • 睡眠(寝れるときに寝る)
  • つらい時はとにかく休む
  • 軽い適度な運動をする
  • 食事をバランスよく
    (タンパク質やイソフラボン意識)

対処法を聞いて
家事と育児がほとんどで
働きに出てもいないのに
私はどんだけ体を休めるんだ?
そう思いました(笑)
でも体がつらいのは事実だし
いつまでもホルモンバランス
整わずつらいのはしんどいので
しろさんに相談して
病院行く日までしっかり対処法しつつ
記録していきたいと思います。

しかし、先生が減ったと聞いて
少し病院を変えるか悩みましたが
いろんな産婦人科があり通った中で
この病院が一番
対応や雰囲気がよかったので
変わってなさそうでよかった。
そして、相談しただけで
気持ちが少し軽くなったし
病院行くのめんどくさいと
行くのを渋ってないで
早めに相談することは
重要だと感じました。














ランキングに参加しました〜
よければ応援のクリックお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント