100キロ超でママになる~中期編⑤~

出産記

こんにちは、しろまる亭のまるです。
「100キロ超でママになる」は
りんちゃんの誕生までのお話です。

妊娠16週目の大転倒

実家へ帰省しのんびり過ごした数日後
里帰り出産をする大学病院(以下B大病院)から
初診を里帰り前に一度するように言われていたので行くことに
B大病院は子供のころから
手術や入院の際にお世話になっていた勝手知ったる病院(笑)
予約していても何時間も待つこともあったし、
待ち時間が長いのを覚悟していきましたよ~

病院につき駐車場から産婦人科がある棟へ移動中
つわりで少しふらふらしたり、
ぼーっとしながら移動していたまる
ふわふわーっとした次の瞬間
びったーんという衝撃が…
なんとまるは産婦人科の目の前で
前のめりに転んでしまいました。

受付の人や看護師さん大慌てで来てくれ
様子を聞かれたりしながら
そのまま処置室へ案内され
先生の手が空くのを横になって待つことに。

転んでしまったショックと不安で混乱していましたが
待つこと数十分ほどで
初老の大学教授の先生が診察しに来てくれました。

お腹の張りや胎動を見てもらい
赤ちゃんをエコーなどで確認してもらったところ
赤ちゃんには全く問題なしとのこと。
先生曰く
「もう羊水もあるし、もとから立派なお腹のクッションがあるから(笑)」
転んでも胎動が普段通りあれば大丈夫だよ~
でも、転ばないようにきをつけてねーっと
そんな感じに笑っていました。
太っていることに対しての嫌味にも
感じられる発言でしたが…この時のまるは
ついつい太っていたことに感謝してしまいましたよ。
妊娠して初めて転びましたが、
転んだ痛みなんかより
赤ちゃんに何かあったらとかなり怖かったです。

もしも転んでしまったときは、
転んだときすぐに病院へ行った方がいい
症状の目安があるそうで
座ったり、横になったり安静にして
下記の症状がないか確認してみるとよいとのこと。

転んだ際に病院へ行った方がいい症状

  • 強いお腹の張り
  • 胎動が弱い・感じなくなった
  • 出血・破水
  • 違和感や痛みが続く場合(30分以上)

もちろん、自己判断は危険なので
様子を見て病院へ電話を掛けたりした方がいいとはおもいますが
パニックにならないためにも
この目安を知っているといいなと思います。

こうして、まるのB病院での初診は
長い待ち時間もなくあっという間に終わりました。
大転倒するというハプニングはありましたが
無事に妊娠16週を過ごすのでした。

 ● まるの妊娠16週の記録 ●

  • 身長   160センチ
  • 体重   99キロ
  • 体調   つわり(匂い・吐き)
         めまい・軽いお腹の張り
  • 赤ちゃん 順調に成長中
        (腸が動くような胎動あり)

次回は
妊娠20週目の検診のお話です。

「100キロ超でママになる」は
毎週火・木に更新ですが
木曜は「100キロ超でママになる」は
次回は木曜日になります。



ランキングに参加しました〜
よければ応援のクリックお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

コメント